【MYST】日本語化支援したりしなかったりとりあえずゲームMYSTの「アトラスの書」「ティアナの書」を読破したいなとか、弱気な目標に向かっていくサイト。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://riven5th.blog81.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Garternay.com

   ↑  2010/01/19 (火)  カテゴリー: 青島のつぶやき
アトラスの書もなんとか12章。
ぱぱっと飛ばすなどと言いながら、やっぱりこれは必要だ、あれもいるな、と考えているうちに8割訳に。

ここから15章くらいまでの物語の目的は、ネタばれになるかもしれないが(RIVENをやったことがある人なら知っている事実だけど)「ゲーンの作った世界は不安定だ」という一点に絞られる。
しかし、すっかり悪者のゲーンだけれど、彼は彼でああなるのはしょうがない。むしろかわいそうだ。
詳しく書きたくなるが、ネタばれになりすぎるのでやめておこう。
自分としては、ゲーンはまあ多少問題はあるものの(作った時代の原住民の「神」になるのも、そういう立場でしか原住民と接することが出来ない彼の対人能力の表れと勝手に思うけど)、あの人はあの人で頑張って、それでもどうにもならない現実に愕然とし、プライドもずたずたになり、小賢しい息子に追い抜かれ、大変なのだろう、と思う。
ゲーンがニコニコ朗らかな人物だったら、状況はかなりよくなっていたような気がしないでもない。


次回の更新では、アトラスの書からちょっと離れて、ティアナの書を更新します。
4年ぶり・・・ぐはっ、、
今回訳すところがもしかしたら最高難易度ではないだろうか・・・・とにかく、説明説明説明。
会話もほとんど無し!
主人公もなんか空気?というか存在感が無い。
しかもなんかデカイ機械がどんどん出てきて、なんか良く分からん名前のギルドの人がわっさり出てきて、しかも何をやっているのだか把握をするのが難しい。大体、地下から地上に向けてトンネルを掘るという状況自体がありえないから、通常ならしたから掘っていくと上の地盤に押しつぶされると思うんだが、そのあたりをどうやってなんとかして縦穴を掘っていくのか、このあたりを理解するのが難しい。
ここを抜けると、アトラスを含めた状況が急転し、1章ラストまで怒涛のごとく話が進む予定。
とりあえず、1章は抜けてしまいたい。


今後の予定
<1月中>

・アトラスの書:12章終了
・ティアナの書:次の段落まで(ハードカバーで約6ページ)



Garternay.com その1


Garternay.comというサイトがあるのをご存知だろうか。
オフィシャルじゃないサイトらしいのだが、ここにまるで公式サイトのような本がある。
この謎解きの過程が面白かったので、何回かに分けてお知らせしようと思う。

その前に、Garterney(ガールテルネイ)とは・・・、ある時代の名前。
そこにはロニーというドニの人々の先祖となる人々が住んでいて、記述の技を研究していた。が、ガールテルネイの世界の太陽が接近しすぎたことによりガールテルネイの時代は滅び、住んでいたロニーの人たちは色々な時代に避難した。で、その逃げたロニーの中の一部がドニに住み、ドニ人になった。
という、時代の名前。
(詳しくはドニの書のほか、URUなどに出てくる)

サイトの内容のことはまた今度はなすことにして、このサイトにある本が面白いので、短い内容だが紹介することにしよう。→本はこちら

まず1ページ目はイーシャの言葉で始まる。



水は流れ落ち、水たまりとなり、流れを取り戻すと
ついにその根の元に再び流れ着いた
こうして木は再び成長をはじめたのだった

                ―― イーシャ


この何の変哲もないページに、MYST URU掲示板の住人はいろいろなことに気づいたらしい。

まず、最初はそのページのソース。
ソースの上のほうに、

01000100001000000100101001001011

01010111001000000100110101000100
01010011010000100010000001001100
01001101010010110100101001010010


という意味不明な文字列が書かれている。
これを見てピンと来る人はわかるだろう、アスキー文字だ。
これをアスキー変換すると「D JKW MDSB LMKJR」という文字列になる。
しかし、変換したはいいが、何のことやらわからない。



Neereus  Joined: 18 Nov 200

Rusty_Russell wrote:

Has anyone treated it as a Caesar cipher?



Yeah, first thing I did, nothing there.
Trying simple substitution right now...though have a feeling it's not that easy.


Rusty_Russell「だれかシーザー暗号は試したかい」

Neereus「ああ、一番最初にやってみたが、何もなかったよ。
シンプルな換字を試しているところなんだが・・・カンタンには行かないね」


そのとき、誰かがこの画像の中にもうひとつの発見をした。



DEIUS Posted: Thu Dec 25, 2008 4:30 am ― Post subject:
It says [eh][v][o][k][ah][n] which is the last part of the word "devokan" meaning "rebirth" or "hope". The d is apparently covered by the torn page.

(Technically the character for "a" should have been used instead of "ah" but I got the point.)


Deius「画面の右下に文字がある、ドニ語で[eh][v][o][k][ah][an]。
   「devokan」という文字の最後のあたりじゃないかな。ページに隠れてdが見えないけれど。
   「devokan」は「再生」とか「望み」っていう意味だね」

そして、その同じ彼が、この文字と上のアスキー文字とのなぞを解いた。

Also, the text "D JKW MDSB LMKJR", translated from the binary in the source code can be decoded using a keyed caesar cipher. Using the key "devokahn", the translation is:

A NEW PATH OPENS

Very cool puzzle. I hope there is more!


"D JKW MDSB LMKJR"も、この「devokahn」を使ってシーザー暗号を解くことで、解読できたよ。
答えは、

A NEW PATH OPENS (新しい道が開いた)


D → A
E → B
V → C
O → D
K → E
A → F
N → G

と変換したカイザー暗号を用いて解いたらしい。
それにしても実に面白いじゃないか。
A~G以外の変換はどうやったのか全然わからんけどw


知っていたかい?



ドイツ語版のMYSTは変なことになっているらしい。
というのも、

ドイツ語でMISTは「肥料」って意味なんだぜ?

hahaha

じゃまた。

(記事編集) http://riven5th.blog81.fc2.com/blog-entry-71.html

2010/01/19 | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : ティアナの書 その11
この前の記事 : 第12章 その1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。