【MYST】日本語化支援したりしなかったりとりあえずゲームMYSTの「アトラスの書」「ティアナの書」を読破したいなとか、弱気な目標に向かっていくサイト。 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://riven5th.blog81.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Part1 その1

   ↑  2006/11/01 (水)  カテゴリー: ティアナの書
PART 1「Echos in the Rock」 ハードカバー3ページ~


巨大なクリスタルのような形をした音響ポッドが岩肌に突き刺さっていた。それは人が乗れるほどに大きく、そして操縦者は半透明で防音加工された円錐状の空間に押し込められていた。
そのポッドの先頭にはギルドマスターが音響機のシャフトを注意深く握ったまま、その盲目の目で正面の石を睨み聞き耳を立てている。
また、彼の傍らにいる若い二人の助手も椅子から立ち上がり、目を閉じわずかな振動も聞き逃すまいと全神経を聴覚に集中させていた。
不意に
「Na’Grenis!」
と年老いたマスター*1がドニ語で吼えた。
― もろいな!
そう言いながら彼はひざの上のマップテーブルに積み上げられた地図の一番上を左指でなぞる。
この方向に振動波を送るのはこれでもう10回目になる。毎回少しずつ波を強くし、ポッドを石に深く突き刺しながら、微妙に岩の共鳴を変化させてきたのだが・・・。
「Kenen voohee shuhteejoo」
― 岩塩層なのかもしれません。
助手の一人がためらいがちにつぶやいた。
「もしくは石灰(白亜)か・・・」
もう一人の助手がそう自信なさそうに付け加える。
「いや、こんな深さに、それはないだろう」
厳然と老人は言い切りながら、山積みになった透明なシートを次々とめくり、あるページを開く。そしてそのページを開いたまま、真っ赤なマーカーをラックから取り出し印をつけた。
「ああ・・・」
助手が同時に声を漏らす。その真っ赤な印こそマスターの意図そのものを示していた。
「よし、方向を変えてみよう。もしかしたら部分的にもろい場所なのかも知れん」
そう言いながらマーカーをラックに戻すと、マスターは美しい模様が施された音響ポッドのシャフトを握り、長い経験に培われた勘でその先を少しだけ右に移動させた。
「同じ強さでやってくれ、1パルス目は55ビートで。同じく2パルス目を」
すぐさま助手がその通りに機器を調節する。一呼吸おいて、シャフトからポッドの先端へ振動が波打った。
すると、
カーン・・・!
まるで見えない楔(くさび)が石を貫いたような、くっきりとした音が部屋に鳴り響いたのだった。


***


「奴は何をしているんだ」
そういわれて、ギルドマスター・テラニスは監視窓から目を離し客に目を向けた。
その客 ― マスター・ケドリは大きな体躯をした醜男だった。立法ギルド*2の一員であるこの男は、採掘作業の進捗を監視するためにやってきただった。
「ギルドマスター・ゲランは岩石調査をされておられるのです。岩を削る前に、その先に何があるのか知っておく必要があるので」
「それは分かっている」
ケドリはイライラしながらテラニスの言葉をさえぎった。
「しかし、何が問題だというのかね」
ケドリの無作法な言動へのいらつきを、テラニスはグッと押さえる。たとえここではテラニスの言葉が法のように強い力を持っていたとしても、それはこのギルド内だけのこと。ケドリは事実上彼よりも高い立場にあるのだから。
「正確なところは分からないのですが、ゲランが地図に書き記しているこの印を見たところ、恐らく彼は溶岩性金属で構成される岩石の区画を見つけたようですね。断層線からか、もしくは恐らく部分的に火山成分が入った場所から生じたマグマからできた玄武岩を。*3」
「それで、それのどこが問題なんだ?」
ケドリの質問にテラニスは丁寧に微笑みながら説明を続ける。
「いや、問題になるかもしれない、というだけの話です。もし単に部分的に火山成分が混じっていたというだけなら、もちろん掘削を続け、出来たトンネルを補強することが出来ます。しかし、まだ我々は極めて地下の深いエリアにいると思われるので、上の地層からの重量は相当なものなのです。(地盤の柔らかいところを削って)圧力に負けないように補強に時間をかけていたら、数ヶ月ではないにしろ数週間は予定が遅れてしまう。だから、我々は削る前にその先がどうなっているのか前もって知っておきたいのです」
ケドリはしかしなおも憮然として
「だが、私にとっては時間の無駄にしか見えないな。内側の石は相当頑丈なはずだろう?」
「ああ、確かにとても頑丈ですね。しかしそれは関係ないのです。もし、単に地上まで掘り進めるだけなら、我々だって数週間で出来ます。しかし、我々の任務はそんなことではない。永遠に使えるトンネルを作ること ― 永遠、とは行かないまでも出来るだけ永久に使えるトンネルを作ることなんです。まあ、岩次第ですけれどね*4」
ここまでの説明を聞いても、まだケドリは納得できないらしい。
「しかし、こんな風に作業が進んだり止まったりの繰り返しでは、待っている方も気がおかしくなってくる!」
そういう人もいるだろう。気がおかしくなるというのは、この仕事にあっていないということ。
しかし、ドニのギルドに属する者なら皆、こういう作業はドニ人の気質に合っているはずだとテラニスは思うのだが。
「我々は辛抱強い種族のはずではありませんか、マスター・ケドリ」
テラニスは、相手の怒りを買うかも知れないという危険を感じながらも続ける。
「辛抱強くてとことん突き詰めるという気質。あなたはこの何千世代も続いたこの我々の良さを止めてしまうおつもりなのですか?」
ケドリは曖昧に言い過ごそうとしたが、テラニスの目に挑戦的な色を認めてうなづいた。
「いや、君の言うとおりだ。許してくれ。どうやら私はここに派遣されるには不適切な人間だったらしい」
恐らく・・・・と、テラニスは思ったがあえて言わず、
「いいえ、とんでもない。すぐになれますよ、私が保障します。我々も出来るだけ頑張って、暇とは言わせないようにしますとも。*5そうだ、アトラス*6をあなたのアシスタントに付かせましょう」
その言葉を聴いて、ケドリは微笑んだ。まるでそれこそが彼が最初から欲しかったもののように。
「それは非常にありがたい。本当に、いや全く」



========================<注釈>========================

「ギルドマスター」 原文「Guild Master」
後々ドニの「ギルド(職能組合)」については細かい記述が出てくるため細かい解説は避けますが、ドニには18のギルドと8つの小規模ギルドがあるそうです。
以降Wikipediaより(D'ni Guilds

「ギルドとは、ドニ社会基盤をなすシステムで、文化のそれぞれの方面で、そのことに特化した「職人」が集まり集団を成したものであるらしい。現在分かっているのはギルドの名前だけで、それ以外は良く分かっていない。ちなみにMYSTシリーズのどのゲームでもこの点について言及しているものが無いのも良く分からない理由である。
主要な18のギルド、及び小規模ギルドの名前はは以下の通りである。

主要ギルド
Analysts Guild
Archivists Guild
Book Makers Guild
Cartographers Guild
Caterers Guild
Chemists Guild
Engineers Guild
Healers Guild
Ink Makers Guild
Legislators Guild
Linguists Guild
Maintainers Guild
Mechanists Guild
Messengers Guild
Miners Guild
Stone Masons Guild
Surveyors Guild
Writers Guild

小規模ギルド
Actors Guild
Architecture Guild
Artists Guild
Bankers Guild
Educators Guild
Illusionists Guild
Musicians Guild
Sculptors Guild 」

欧米のファンタジーには良く出てくるらしい「ギルド」。
ティアナの書を読んだ限りでは、職人というより「学者集団」という雰囲気を感じる。まあギルドによって違うんでしょうが。

ギルド全てに「ギルドマスター」と呼ばれる、ギルドの中でも偉い立場にいる人が結構たくさん存在するらしい。(ちなみにギルドマスターの上はグランドマスター、それから18のギルドの代表者の中から更に選ばれた5人のGreatLordなどと続く)
ここに出てくる「マスター・テラニス」「マスター・ゲラン」は同じ「Surveyors Guild(測量ギルド)」のマスターです。

マスターを「先生」にするか「親方」にするか悩みましたが、結局「マスター」のままで続けるかなと。もしくは人によって変えます。というのも、ゲランには「親方」が合うかもしれないけれど、ケドリは「親方」というよりは「先生(国会議員を呼ぶときのような)」というイメージなので。



「立法ギルド」 原文「Legislators Guild」
「Legislators Guild」はLegislatorが「法律制定者」「立法者」「国会議員」という意味があるので「立法ギルド」と訳しましたが実際は「記録ギルド」と訳した方が良いかもしれません。
このギルドの仕事は、評議会および公聴会、ギルド委員会、裁判などの議事録を取ること、そしてギルドマスター同士の私的/公的な文書などの記録をとることらしい。 ―The D'ni Desk Reference


「断層線からか、もしくは恐らく部分的に火山成分が入った場所から生じたマグマからできた玄武岩を。*」
原文:「Magma-based basaltic rocks from a fault line, perhaps, or a minor intrusion」
今回の「さっぱりわからんポイント」。
minorはマイナーですが、何がマイナーなのか。
intrusionは何が「侵入」しているのか、微妙。
minorは恐らく、、、本当に想像ですが「局地的にそこだけ(という珍しいケース)」という意味かなと。
intrusionはマグマが「侵入」なのかな、、、

推測ですが、ゲランが調査していて「もろそう」な場所を見つけたんだけれど、そこの先が「そこだけもろいのか」もしくは「その先もずっともろいのか」ということが問題になっているのかなと。
マグマによって形成された玄武岩があるということは、マグマが通った後ということでしょうけれど、そこが断層である場合「柔らかいところが続くから危険」、でもしくは部分的に火山成分が入っていて他は堅くて「比較的安全」ということなのか、、、
そもそも断層があると危険でダメなのか。
火山性の岩石があるとダメなのかいいのか
その基準を知らないのでサッパリ分かりません。というわけでとりあえず「判ったような気になれる」意訳をつけました。誰か詳しい人ヘルプミー。
もしくは読んでいるうちに何か分かるかもしれません。
分かったらこっそり変えておきます。


「岩の動き次第ですけどね」 原文「Rock Movement Willing!」
恐らく「God Willing」のGodをRock Movementに変えた表現。
God Willingは「神の思しのまま」から転じて「運次第」「うまくいけば」という意味。
つまり、「岩の動き次第」ということ。
しかし実際は、岩は動きはしないはずなので(動いたとしても何万年にわずかなはずなので)、それだけ長いタイムスパンであることを示したい言葉なのかなと推測。




「我々も出来るだけ頑張って、暇とは言わせないようにしますとも」
           ― 原文:「And we shall our best to keep you busy while you are here」
意訳。
要するにケドリは、掘削を行っていない期間(音響ポッドで岩石調査をしている期間)は何も報告することが無いの暇なのではないかと。
なので頑張って調査を早く終わらせて、どんどん報告したくなるようなことを増やして忙しくしてあげますね、と言っていると推測。



「アトラス」 原文:Aitrus
ネタバレになりますが、ゲームシリーズMYSTの主人公ともいえるサイラス、アクナーの両親の「アトラス Atrus」は、今回の「ティアナの書」の主人公「アトラス Aitrus」の孫に当たる人。
英語では二人を区別するため間に「i」を入れてますが、発音は両方とも「エイトラス」です。つまり「アトラス」という読みは日本語呼び名のですが、これを翻訳する時祖父の方を「エイトラス」にするかどうかが非常に悩むところ。
自分も、どうしようか非常に悩みましたが、結局「アトラス」にすることにしました。祖父と同じ名前というところを強調したかったので。
二人同時に出てくる場面は無いとは思いますが、もしあったとしたら「大アトラス」とするかもしれません・・・未定。
この判断に後から後悔しそうな予感もしつつ。





ここまでは比較的お堅くて、わけも分からん上つまらんですが、アトラスが出てきてからは読みやすくなって訳しているほうも気が楽です。

(記事編集) http://riven5th.blog81.fc2.com/blog-entry-22.html

2006/11/01 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Part1 その2
この前の記事 : ティアナの書解読に当たって

Comment

コメントを投稿する 記事: Part1 その1

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
 

Trackback

この次の記事 : Part1 その2
この前の記事 : ティアナの書解読に当たって
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。