【MYST】日本語化支援したりしなかったりとりあえずゲームMYSTの「アトラスの書」「ティアナの書」を読破したいなとか、弱気な目標に向かっていくサイト。 

このページの記事目次 (カテゴリー: RIVENのメモ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://riven5th.blog81.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Stone Circle 詳細攻略

   ↑  2006/11/09 (木)  カテゴリー: RIVENのメモ
RIVENやり進めていて気づきました。

ストーンサークルで挫折したことを。

どうしても分からずヒントサイトを探したけれど答えしか載ってなくてわけも分からず答えをとりあえず入力して進んだんだった。
というわけで、なるべく自力でストーンサークルの謎を解明するべく、色々調査しましたが、これがかなり難しい。

遠すぎるヒントを出してくれたり答えそのものを説明も無く載せているサイトはありますが、どうしてそうなるのか詳しく説明したサイトが無いように見えたので、段階的にヒントをだしつつ、理解しながら答えを導く手段を書いてみようと思います。


MYSTプレイヤーならほとんどそうされてると思いますが、島ごと、時代ごとにセーブデータを名前で分けておくと移動する手間が省けて楽です。


□ ストーンサークルとは

Jungle Islandの奥の奥にある石がたくさん並んでいるところです。


暗い部屋に数えるのも面倒なくらいたくさんの石が並んでいる



それぞれの石には動物などの絵が描いてある。


とりあえず、訳が分からないので、いつもやるとおり手当たり次第医師を押してみると、5つまでは沈むが、6つ目でリセットされるらしいことが分かる。

つまり、この20個以上ある石のうち、5個が正解でどれかを5個押すと何か起こるらしいということが推測される。
周りを見渡すが特にヒントになりそうなものが無いと思う。
要するに推測するしかない。



□ ヒント その1

今分かっていることは

○5つの石のどれかを押すと何かが起こるらしい

ということ。
その5つがなんなのか、考えるが思い当たらない。そもそも石碑にかかれたような絵を目撃した覚えが無い。要するに単刀直入な形で絵が示されているわけではなく、何かしら動物を推測させるような何かが5つどこかに示されていると考える。
今までの他の島の謎時の傾向から考えて、必要な情報はこの島の中で得られるはずと推測。
そういえば、さっきから道端で壁に埋め込まれた変な木の玉を見る気がするけれどあれだろうか・・・・。


ジャングル島の色々なところにある木の玉


クレーターアイランドのゲーンの研究室でも見た気がする。
研究室に残されたゲーンの日記に、次のように書いてあったはずだが・・・

「(一部略)ずっと以前から、村人たちの島にある似たようなほかの球体の存在に気づいてはいたが、今まであまり気に留めたことは無かった。他のものも記録させよう」

村人たちの村=ストーンサークルがあるジャングル島
なので、やはり「他のものも記録させよう」という以上、このジャングル島には他にも木の玉があるはずと推測。
そして、その数は恐らく5個。
もしそれ以上あれば、ストーンサークルとは関係ないことになる。
とりあえず、島中を歩いてあと4つ(1つはゲーンの部屋にある)を探してみよう。










□ ヒント その2

島中を歩くと確かに4つ木の玉を見つけることが出来た。
見つけた場所は以下の通り。(写真はクリックで拡大できます)



ゲーンの研究室の机の上
初めて潜水艦に乗る所の近く
海岸にいた変な生き物がいた石の所
マグカーを降りて右側の壁
ジャングルの中の大きな刀みたいなのが
刺さっている根元


ちなみに最後のジャングルの中の木の玉は本当に見つけ辛かった、、、
ので以下に詳しい順序を書いておく。


ジャングルのところで左に回転


剣のような物が刺さっている根元を調べる


さて、やはり想像通り5つあった。つまり、この5つとストーンサークルにはなんらかの関係があるはずだ。
しかし、玉にある情報は、裏返した時に出る文字と・・・・・。










□ ヒント その3

裏返した時に出てくる文字はなんなのか。
これは案外分かっている人のほうが多いのではないだろうか。
ヒントは、村人の島の中にある「学校」の中。
ここにこの文字の意味を「子供たちに教える」為の遊び道具がある。
ゲーンはこうやって子供にドニ文字を教えていたらしい。
しばらくそれで遊んで文字の意味を理解しよう。














□ ヒント その4

この解きづらいストーンサークルの謎だけれど、実はヒントが2重に用意されていて、そのどちらからでも答えに当たるようになっている。
さて、ヒントとなる木の玉についてよく観察してみよう。
裏に出てくるのは「数字」であることは分かった。しかし、数字と動物を関連付けるものが見当たらないため、石を押す順番だと想像できる。
となると、他の木の玉の情報から動物が何であるか見つけ出さなければならなくなる。ここに二重のヒントが施されているわけだ。

1つ目の糸口は・・・・回転した時の音。それぞれ木の玉を回した時に違う音がするのには比較的誰でも用意に気づくのではないだろうか。

もう一つは非常に分かりづらいけれど、潜水艦乗り場の近くの木の玉(ヒント2の写真の2番目)を見たときに気づくかもしれない。
ここには、わざわざひねって水を出すコックがある。ひねって水を出すけれど流しには水が少しだけ溜まって水はそれ以上でない。そしてこの水を出したことでどこか別の何かに影響があるわけでもない。
それでは「何のためにここにはこれだけしか水が出ないのか」「何のために水がそこにたまるのか」
これについて見方を変えながら考えてみると気づく人は気づくかもしれない。(ちなみに自分はここで気づきました)

ちなみに、音で動物を当てるのは非常に難しい。
特に、この島にはいない動物の音も含まれており、しかも1度聞いた音を覚えているというのも大変な話で、また動物がわかっても絵と直結しないこともある。
なので、私のアプローチとしてはまず2番目の方法でやってみて、分からなければ音を聞いて見る両方の方法をとっています。












□ヒント その5

水場の水溜りの溜まった水の形をじーーーーーーっと見てみる。
とおくからもじーーーーーーっと見てみる。
すると・・・・・




水の模様が、左下のストーンサークルの絵と同じに見えてくるのに気づきませんか?
ちょうど木の玉あたりが目になっているように見えます。
つまり、遠くから離れてみると動物の絵が見えてくる仕組みになっていることが分かるわけです。しかも木の玉が目になっている。この点に着目して他の木の玉も見てみましょう。次に比較的簡単な海岸にいた変な動物のところも見てみましょう。
とにかく木の玉が目玉であることに着目して出来るだけ離れてみることが大切です。









□ ヒント その6

木の玉が目玉であることに着目して遠くから見てみると下のように見えるかと。



ストーンサークルの絵のほうは、まるっきり同じじゃないのですが、これ以外に当てはまりそうなものが無い。尾びれには着目せず、目の位置と頭の形からみてこれしかなさそうです。
次はマグカーを降りたところの木の球を見てみましょう。
これはかなり遠くまで下がらないといけません。木の玉が見える範囲でなるべく遠くに離れてみてみましょう。岩の形ばかりにとらわれずに・・・。











□ ヒント その7

どんどん下がって、通路まで下がったところでやっと答えが見えます。



あとはこれに相当する動物の絵を探せばこれはおしまい。
さて、ここまでは遠くから見るという正攻法で何とかなりますが、後の二つは遠くから見て当てるという方法がやりにくくなります。
まず簡単な方、ジャングルの中にあった木の玉について考えます。
ここは遠くから見ると、



こんな形で目の先が二股に分かれていることくらいしか分かりません。遠くからもがんばって見ますがこれ以上遠くで木の玉が見えるところがありません。目の先が二股に分かれている動物も何個かあって特定できません。
そこで、もう一つの方法、音を聞いてみることにしましょう。
この音は、この島の中で何度も聞く音なので恐らく覚えている人も多いはず。それについさっき前の木の玉を見に行く時にも聞きましたね。
後はその動物の形を思い出しながらストーンサークルの絵を探すだけです。








□ ヒント その8

さて問題は、ゲーンの部屋にあった木の玉。
これは回して音を聞くことも出来ないうえ、元あった場所から取り外されているので遠くから見て特定することも出来ません。
そこで、元はどこにあったのか考えてみることにします。そのために必要なのが、ゲーンの部屋の木の玉の横にあった紙です。そこにはその木の玉についての話が載っています。


「先週、観察部屋から村人たちの様子をスコープで監視していると、浮かんで流されているように見えるが、実は湖の入り江につながっている小さな球体の方へ向かって、原住民の一人が泳いでいくのが見えた。調査のためにその球体を水面から引き上げるように私が命じたからだ。しかし数日後、驚いたことに同じ球体をそこに発見した。つまり、全く不可解なことだが明らかに、失われた球体が、一夜にして新しいものに取って代わられたということだ。ずっと以前から、村人たちの島にある似たような他の球体の存在には気がついていたが、今まであまり気に留めたことは無かった。明日調査隊を贈って他のものも記録させよう」

つまり、この文章から分かるのは

ゲーンの部屋にあった木の玉は、元々村人がいる村=ジャングル島の湖に浮かんでいた。そして今も浮かんでいる

ということ。
そこで、村の湖をくまなく歩いてそれらしきものを探してみると確かにあった。



しかし、どうやってこの玉を遠くから見ればいいのか、ましてや音を聞けばいいのかが思いつかない。
とりあえずくまなく歩いて色んなところから玉を見てみようとするが、それらしき形を見ることが出来ない。
そういえば、ゲーンは日誌に「監視部屋で、村人がこの玉に向かって泳いでいくのを見た」と書いてあった。監視部屋とは、プラトー島の地価にあったあの部屋のことかな。
ということは、監視部屋からもこの玉を見ることができるに違いない。いってみるか・・・!
(この先の下には今回の答えを書いています。どうしても悩んで答えが出なければ下をご覧ください。後悔のないように!)












□ こたえ

監視部屋でカメラを回転させて見ていくと・・・・



これで全ての情報が揃ったはずです。
さあ、分かった情報をまとめ、分かった動物の絵が描いてある石を「ヒント3」で分かったドニ数字の順番に押してみましょう。
スポンサーサイト

(記事編集) http://riven5th.blog81.fc2.com/blog-entry-25.html

2006/11/09 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。